FC2ブログ

しま散歩

旅と【加賀ゆびぬき】を中心としたハンドメイドの記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーケット(タイ)

間がが開いてしまいましたが…

シンガポール滞在中の週末、友人とタイのプーケット島に旅行に行きました。
えーーーこの時期現地は『雨季』です。
プーケットと言えば、海リゾート
お天気次第で、見える景色も違います。
こればかりは行ってみないと分からない。カケでした。

CIMG9911.jpg

一気に書いて、長文なのでご注意ください

8時の飛行機に乗るため、6時過ぎに出発して、MRT(地下鉄)で空港へ。
今回初めて格安のTigar Airwaysを使いました。
最近日本にもある格安航空機と同じで、荷物を預けるのは有料です。
2泊3日なので、キャリーは友人宅に置かせてもらって、
レスポバックに詰め替えて持ち込み手荷物に。

Singaporeは小さな島なので、飛行機は全て国際線です
今回はBugget Terminal(9月で閉鎖だったようで、これもよい経験?)で、
Terminal 2からバスで移動。
チェックインも搭乗券を発券するだけで、すんなり。

旅の記念に、MBSで友人とお揃いで買ったパスポートケースも早速登場。
CIMG9708.jpg

約2時間のフライトであっという間にプーケットに到着。曇り模様
入国後、まずはタクシーの客引きを無視して、両替でタイバーツゲット。
1B=¥2.6くらいだったかな?
日本から持参したガイドブックを見た友人が『ピピ島行きたい!』と
行きの飛行機で言い出したので、状況を聞きにインフォメーション・センターへ。
ピピ島への1dayツアーの「今ここで申し込んだらB1800→B1200にするよ!」
と言うし、「空港からホテルまでの送迎もおまけで付ける!」ってことで
営業に乗ってみることに
悪天候で船が出ない事になったら払戻しになると言っていたけど、
こりゃどんな天気でも絶対船は出すだろうな…と予想して、
天気になることを神頼み。

ホテルまでは乗り合いのワゴンだったけど、これが出るまでに相当待たされ
さらにプーケットタウン経由だったのか??
最後に下ろされた私達が宿に着いたのは昼をとっくに回ってました。
せっかく朝早い便にしたのにな~~ 帰りはタクシーに乗ろうと決意。
途中、ものすごいゲリラ豪雨も。降ったりやんだり、を繰り返す様子。
この頃には空腹もピーク
(朝は何も食べてなくて、空港では時間ギリギリやったし、Tigar Airwaysは
機内食は有料。てか寝てるうちに着いちゃって時間なし。)

あと10分で部屋に入れるよ!というので、とりあえずロビーでまったり。
今回のホテルは『アマリ・コーラル・ビーチ・プーケット』
天気が悪かったらホテルでゆっくりすることになるかもってことで、
ちょい良さげなホテルにしよ~~と、前の週に決定、友人が予約してくれました。
直前割引だったのか?雨季だからなのか??
本来絶対高いリゾートホテルでしたが、お得に泊まれました~
パトンビーチエリアの端、丘の上だったので、街をぶらぶらするにはちょっと
距離がありましたが、静かだし、良いとこでした。

とりあえず何か食べるぞーーーーと、歩いて街の中心部へ。
ビーチ沿いをぶらぶら歩きながら、良さげなタイ料理のお店を探索。

CIMG9750.jpg  CIMG9745.jpg

プーケットは2004年のスマトラ沖大地震の時に、津波で
大きな被害を受けましたが、すっかり復興してて、賑やか。
ただ街中には津波の時の避難案内版もあちこちに見られました。
「TUNAMI」は世界共通単語。

さて、ちらほらお客さんも入っているこじんまりだけれども雰囲気の良い
食堂に入ってこの日1食目。好物パッタイ~~~

CIMG9766.jpg

友人はメニューに載ってないパイナップルライスをオーダー。
パイナップルの皮をお皿にした甘~いチャーハン?が登場。
合わせて、これも友人のお気に入りらしい、タイアイスミルクティーもトライ。
本当に“茶色!”って色でしたが、
甘くておいしかったです

翌日はピピ島ツアーなので、お土産選びを済ませておこう☆と
ショッピングセンターにも行きました。
シンガポールは英語・中国語の表記がごちゃ混ぜなので、どこに来たのか
分かりにくい感覚もありますが、タイは分かりやすい!
映画のポスターももちろんタイ語。なんだかそれだけでも面白い。

CIMG9780.jpg

地下にはお土産類のお店と、マッサージのお店もたくさん
一回りしてから、賑わっているお店でフットマッサージ受けました

街中ではカワイイ雑貨屋さんを発見。
お手頃なぞうさんグッツを中心に取り揃えてあります。
キャンドルスタンドやぞう型キャンドルをお土産にゲット。
プーケットではぞうのモチーフが使われているのを多く見ました。
縁起がいいからかな。

CIMG9808.jpg

結局夕飯は昼食を食べたお店の近くにあったイタリアンで窯焼きピザを☆
そしてくらい中、また歩いてホテルに戻りました。

Day2

ピピ島ツアー日。ロビーに7時集合(早っ
「曇ってるけど、雨じゃないじゃん~~良かったね!」と言いながら、
出発準備を済ませ、6時半スタートのビュッフェ朝食へ
食べてる途中から雲行き怪しく…

CIMG9837.jpg

集合時間にロビーに行く頃にはかなりの暴風雨
これでも船出すのかな~~と待つこと30分。
雨の中、ようやくお迎えのワゴンが到着。
念のため友人が聞いてみる。「こんな中、船出るの
「大きい船だから大丈夫」やっぱりね~~~
再度雨が止み、晴れ間が出ることを神頼みしながら出発~~
詳細聞いてなかったけど、港はプーケットタウンの方?だったようで、
かなりかかりました。
途中事故にあった友人のワゴンに乗っているお客さんを拾うとかで、
足止め。

まぁ、なんとか出向には間に合うも、もちろん屋内の席は満席~~~。
波が高いので絶対揺れるよ!ってことで、屋外用の?間に椅子を屋内席の
最後列に並べて死守。寝ていくべし!
途中、雨はやみ、晴れ間も見えたと思ったらまた急に降ったり。
とにかく結構揺れました。船酔いの人たち続出でしたが、
酔い止め飲まなかったけど無事。昔は新幹線に乗っても酔っていたのに、
強くなったもんです。

屋外の船首の方に座ってた人たちが、急流すべりが比じゃないくらい
しぶき?波?をすごい勢いで浴びていました。

約2時間ほどで、ピピ・レー島に到着。船内から断崖絶壁を見上げます。
(もちろんこの間も揺れまくり!雨が止んでてて助かった~)
そしてピピ・ドン島に上陸。

昼食付きツアーだったので、まずは簡単なビュッフェで空腹を満たして。
この昼食中の景色が最初の写真。
神頼みが効いて?晴れてきました~~~

CIMG9908.jpg  CIMG9939.jpg

希望者はシュノーケル代も含まれていた(フィンのレンタルは有料)ので、
お天気を見つつ、結局引き続き晴れていたので入りました(ボートで沖に出る形式)
魚もたくさんいましたよ~~
お天気と波の影響で、透明度がそこまで良くなかったのは残念。
泳いでると波酔いするので、軽~く楽しんだ程度にしときました

帰りの船は揺れるものの、天気は回復。
まぁ、終りよければ、ですかね~~

行きも一緒だったオーストラリア人家族の元気な子どもたちと戯れながら
ホテルへ戻ってから、せっかくなんだから使わなきゃもったいない
プールへ直行(このために水着着たまま帰って来た)

CIMG9730.jpg

ひとしきり泳いだ後、シャワーを浴びて、お買いもの&夕食を食べに街へ
繰り出しました。
この日は疲れていたこともあって、ホテル前からトゥクトゥク利用。B200。
あっという間に到着~。
海沿いなんだし、シーフード食べたいね!と言いつつも、
ロブスターとかはグラム単位なので、結構なお値段。諦めて
ちょいとオシャレ(生バンドのステージがありました)なホテルの?
レストランでけっきょくタイ料理。やっぱりお値段もそれなりしちゃったので、
タイ料理なら初日の昼食に使ったような食堂でよかったな~

そして、またまた前日と同じショッピングセンターにも行って、お土産を買い足し。
友人がどうしてもフェイシャルエステやりたい!というので、閉店間際
にかけ込んでみたら、予想していた内容とは全く違って、痛みに耐えることに(笑)
プーケットの土曜日は夜が早いんですね~~。金曜夜とはうって変わって、
10時を過ぎるとどんどん店が閉まってしまい、本当は全身マッサージもしたかった
のに泣く泣く退散。。。
でも諦めきれずに、結局街中のお店でタイ古式マッサージを1時間受けてから
またトゥクトゥクでホテルに戻りました。
パトンのビーチ沿いは一方通行なので、街の周りをぐるっとドライブする形に。


Day3

めっちゃ早い便は免れて、14時の便だったので朝はちょっとゆっくりできる~
と、この日はゆっくりとビュッフェ朝食を
プールサイドで日光浴をする宿泊客を横目にホテル内を散策して、チェックアウト。
空港からパトンまでのタクシーはB650位だって言われたけど、ホテルに呼ぶと
B900かかるというので、街まで下りてからタクシーを拾うことに。

この時私の財布の中にはB620しかなかったwwので、B600で交渉
いっぱい客引きがいる中、ちょっとキレイ目&大きめのタクシーの運転手を
見つけて、交渉するもガソリン代がかかるからB700が限度だと。
「でも、もうお金持ってないんだもん~~」と粘ったら、
「お客を連れてったらガソリンを貰えるお土産屋(宝石屋)があるから、
何も買わなくていいし、寄らせてくれるならB600でいいよ」
ということで、時間に余裕もあったから交渉成立
もちろん私たちの財布の紐はかたく、ウェルカムドリンクのジュースを飲み、
トイレを使わせてもらって15分で出発
お店の人も営業を試みようとしてたけど、途中から諦めてました~(笑)

こんな感じであっという間の2泊3日プーケット旅行が終了
めいいっぱい遊んだ感じ。
今度はゆっくり、気候の良い時期に行きたいものです。
周りの島に滞在するのもいいですね

シンガポールにまた戻り、もう2泊してから日本に帰国。
今回の旅では
 日本出入国
 シンガポール出入国×2
 タイ出入国
と、パスポートのスタンプが急に増えました
EUは何カ国行っても増えないので、ちょっと嬉しかったり

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。